「クレーター」タグアーカイブ

副作用のまったくないニキビ肌改善法!PRP治療でクレーターを消せ

最近注目のPRP治療なら、大きくくぼんだクレーター状のニキビ跡も消すことが可能です。この方法では本人の血液が使われます。そのため治療後に副作用がおきる心配はまずありません。ただ自費診療となるため、この施術を受けるにはまとまった費用を用意しなければいけないことは覚えておきましょう。

PRP治療とは、自分の血液のなかから採取した多血小板血漿を肌のくぼみに注入する技術です。この成分には肌の細胞を活性化させる作用があります。線維芽細胞のはたらきを促したり、新生血管やコラーゲン生成を助けたりします。PRPを注入された部分の皮膚は真皮からゆっくりと盛り上がるので、深いクレーター肌もなめらかにすることが可能です。

この方法で使われるPRP成分は、本人の血液から取り出されます。治療当日に採血し、分離させた成分をすぐに注入することも可能です。肌に注射器で成分を入れるため、治療後は肌に多少の腫れがみられます。ただダウンタイムは短く、1日か2日で注射痕も目立たなくなります。

FGF治療と似ていますが、PRP治療のほうがより安全で高い効果が期待できます。

FGF治療で使われる線維芽細胞増殖因子はヒト由来の成分ですが、患者本人から抽出したものではありません。それに対しPRP治療では、本人の血液中から取り出された成分が使われます。アレルギーなどの副作用はPRP治療ではまずおこらないと考えられます。

FGF治療では線維芽細胞増殖因子というタンパク質を使うことで、真皮の細胞を活性化させます。この方法でも肌はもりあがりますが、効果がでるまでやや長い時間が必要です。PRP治療で使われる成分は線維芽細胞にはたらきかけるだけでなく、新生血管を増やす作用もあり、より早く効果的な肌再生が可能です。

最先端医療ではよくあることですが、PRP治療も自由診療扱いとなり、すべて自費で患者は支払わなければいけません。注入する範囲によっても変わりますが、1度の治療で数十万円ほど必要だといわれます。この治療法以外に選択肢はないのか、自分の肌でどれだけの効果を望めるのかなどの展望も含め、診察時に担当医と費用についてよく相談するといいでしょう。

顔脱毛でニキビもクレーターも改善!ムダ毛処理で肌の状態がよくなる理由

ニキビを治すには顔脱毛が効果があります。うぶ毛の周囲には雑菌がたくさんついています。それが繁殖することがニキビの原因のひとつになっているからです。ただニキビのある肌に自分でカミソリをあてたりしてはいけません。ニキビ肌でも施術をしてくれるサロンを探して顔脱毛の施術を受けましょう。

肌の状態を改善させるには顔脱毛 ニキビの関係をよく理解することが大切です。

ニキビとは皮脂の詰まった毛穴にアクネ菌などの雑菌が繁殖し、皮膚が炎症をおこしたものです。うぶ毛の周辺には雑菌がたくさん住み着いています。ムダ毛をきれいに抜いておくほうが、肌の雑菌は少なくなり、ニキビができるリスクを低くすることができます。

ニキビがいったんできてしまうとムダ毛処理はむずかしくなります。カミソリや毛抜きで表皮を傷つけると、炎症が悪化してクレーターになることもめずらしくないからです。放置されたムダ毛のまわりにはさらに雑菌が住み着き、ニキビが広がる原因となります。

この負の連鎖を断ち切るには、ニキビがあってもムダ毛脱毛をすることが必要です。自己処理はまずできないので、ニキビ肌やクレーター肌でも施術をしてくれるサロンを探しましょう。ただニキビ跡の着色のために施術を断るサロンもあります。根気よくカウンセリングを受け、自分の顔でも問題なく脱毛できそうなところを探しましょう。

今のところ、一部のサロンで採用されているハイパースキンという方法ならニキビ肌の方でも受けることができます。肌への刺激が少なく、じくじくしているニキビがあっても跡がクレーターになっていても、これなら脱毛をことがする可能です。

現在多くのサロンがニキビ肌の施術を断るのは、肌に強い刺激を与える光脱毛を採用しているからです。メラニン色素の黒い色に反応する光を照射するため、肌にニキビの着色があるとそこにまで熱が集中してヤケドする危険もあります。ニキビ肌のひとが多くのサロンで施術を断られるのはこうした理由があるためです。

ハイパースキン脱毛で使用で使用される光は毛根には作用しません。肌のなかにある、ムダ毛の休眠中の根にはたらき、その育成を抑えるのがハイパースキン脱毛のメカニズムです。刺激が少ない光を使うので、ひどいニキビがある肌にも安心して照射することができます。

ハイパースキン脱毛の光には、真皮の細胞にはたらきかけてコラーゲン生成を促す作用もあります。この方法で脱毛を続けると、真皮を内側からもりあげることでクレーター肌の改善も可能です。

ニキビ肌のひとほどムダ毛処理は念入りに続けなくてはいけません。カウンセリングを受けて、自分の肌でも施術を受けられるサロンを探しましょう。

ひどいクレーターでも改善可能!ニキビ跡を劇的に変える期待のFGF治療

5ミリ近く陥没しているような重症のクレーター肌でも、FGF治療なら滑らかな状態に戻すことが可能です。FGF治療とは、クリニックで受けることのできる美容施術のひとつです。これまでの治療法とは違う、大きな効果をニキビ肌改善に期待できます。ただ治療費が自費になることと、効果があらわれるまでに約1ヶ月は時間のかかることを覚悟しければいけません。

FGFとは線維芽細胞増殖因子のことです。ヒトの肌にもともと備わっている、細胞の活性化をうながす成分のことだといっていいでしょう。この成分を、ニキビ跡のくぼみに注射で注ぎ込むのがFGF治療です。注入されたFGFはやがて増殖をはじめ、肌のくぼみを埋めるように肌細胞がもりあがってきます。

FGF治療の場合、効果はほぼ永久に続くことが最大のメリットです。ヒアルロン酸やコラーゲンの注射も、ニキビ跡対策として美容外科ではよく用いられます。しかしこれらの成分はいずれ肌に吸収されてしまうという欠点があります。FGF治療ならニキビ跡の細胞を直接活性化させ、失われた表皮を作り出すも可能です。

クレーターがよほどひどいときは、レーザー治療をFGF治療と併用する場合もあります。FGF注射のまえに、ニキビ肌の盛り上がりの角に炭酸ガスレーザーを噴射して削っておきます。こうしてくぼみをややなめらかにしておくと、注射したFGF成分の効果がよりはっきりとあらわれます。

FGFはヒトから抽出された成分です。肌に使用しても副作用の心配はありません。

この治療法の問題点といえば、費用が高いことと効果がすぐにはあらわれないことです。

FGF治療は美容皮膚科か美容外科で受けることができます。ただいずれも自由診療として扱われるため、すべて自費負担となります。注射を受ける範囲によりますが、十数万円の出費を覚悟しなければいけないこともあります。

せっかく高いお金を払っても、肌のクレーターはすぐに改善されるわけでもありません。早ければ2週間くらいで違いに気づくこともありますが、人によっては1ヶ月近くは効果がでるまで時間がかかることもあります。

数ある治療法のなかでも、FGF治療にたしかな効果が確認されていることはたしかです。費用と時間のリスクを承知できるなら、この方法をクリニックに相談してみてもいいかもしれません。

クレーター肌の救世主?ニキビ跡にレーザー治療をうけるときの注意点

美容クリニックや美容皮膚科で、肌のでこぼこを治すレーザー治療を受けることができます。ニキビ跡のクレーター治療にもレーザーはとても効果的です。とはいえこの治療法にはいくつかの問題点もあることを覚えておきましょう。肌への負担も大きいため、かなりのダウンタイムが必要となります。自由診療扱いになるので、どれくらいの治療費がかかるのかについても医師によく確認しなければいけません。

レーザー治療とは、炭酸ガスなどを勢いよく噴射し肌表面のでこぼこを削る美容法です。傷が治癒して時間がたち、すでに硬くなってしまった表皮でもこの方法なら削り取ることができます。ニキビ跡のクレーターは、肌細胞が損傷をうけた状態で固まったものです。レーザーでクレーターのでこぼこ表皮を取り除くことで、細胞を活性化させ、新しい皮膚の再生を促すことができます。

とはいえ表皮の一部を削るレーザー治療はそれなりに痛みの伴う施術方法です。クリニックでは通常、表皮麻酔をかけてからレーザー治療を行います。

治療後も最低1週間程度のダウンタイムが必要であることも覚えておくべきでしょう。この期間はメイクはできませんし、肌を刺激せず指定の薬を塗って安静にしていなければいけません。さらに肌に数ヶ月は赤味が残り、見た目もよくない状態が続きます。

美容クリニックで行うレーザー治療は健康保険の適用外です。自由診療でうける治療なので、それなりに高額の治療費を払わなければいけないケースもあります。治療費用は、どれだけの範囲にレーザーを照射するのかによって変わります。スポット治療だけならたいした金額にはならないでしょう。ただ広い範囲の肌がクレーターになっているときは、数十万円の治療費を請求されることはめずらしくありません。

放っておくと元に戻らないクレーター肌対策として、レーザー治療は大きな効果の期待できる施術方法です。ただこの治療をうけるまえに、医師とじゅうぶんな話し合いをしておくことも必要です。長いダウンタイムの間仕事を休むことができるのか、高額の治療費を払えるのかなどは、レーザー治療にふみ切る前に最低限考えておくべきことでしょう。

でこぼこ肌に効果的なピーリング!クレーターになったニキビ跡もつるつるに

クレーターになってしまったニキビ跡の治療法のひとつとしてピーリングがあります。ビーリングとは、分厚くなった肌の角質を溶かして落とす方法です。角質を取ることで肌がなめらかになるだけでなく、細胞が活性化して新しい皮膚が作られやすくなります。専門的な治療を望むときは美容クリニックや皮膚科へ行くことになりますが、軽いニキビ跡には自宅ピーリングでも効果を期待できます。

ピーリング剤にはフルーツ酸など、酸性の成分が含まれています。この作用で肌表面を溶かし、古い角質を取り除くのがピーリングです。

ニキビ跡の皮膚はほかの部分よりも分厚くなっています。酸の作用でここを薄くすると、なめらかになってでこぼこが目立たなくなります。刺激を受けることで細胞の新陳代謝が活発になるため、新しい表皮やコラーゲンがどんどん再生するのもピーリングの効果のひとつです。酸が肌を殺菌するため、ピーリングでニキビの再発を防ぐこともできます。

自宅ケアをしたいときは、市販の家庭用ピーリング剤を使いましょう。有効成分配合のピーリング石鹸がもっとも使いやすい製品です。ただ肌がひどいクレーターになっているときは、自宅ピーリングでは効果がない場合もあります。安全のため、市販のピーリング剤にはマイルドな酸しか配合されていないからです。

ひどいでこぼこをピーリングで治したいときは、美容クリニックか皮膚科へ行くことになります。こうしたところではケミカルピーリングとよばれる専門的な施術をうけることができます。

医療機関ではグリコール酸のような強めの薬剤を使って角質を溶かします。施設によっては、高圧でアルミニウム粉末を吹きつけて肌の角質を削るクリスタルピーリングとよばれる技術が使われることもあります。いずれも作用が強いので、ケミカルピーリングならかなりのクレーター肌でもつるつるにすることも可能です。

古い角質を強制的に取り除いて細胞を活性化させるピーリングは、安全で効果の高いお肌のお手入れ方です。いきなりケミカルピーリングを受けるのではなく、自分の肌のクレーター具合をまずはよくチェックしましょう。軽いでこぼこなら、手間も費用もかからず、肌に負担の少ない自宅ピーリングがお勧めです。それではむずかしそうなときは、医療機関で相談するようにするといいでしょう。

ニキビ跡はマッサージで治る!毎日約10分のお手入れでクレーターも改善

ひどいニキビ跡を改善させるには、日々のマッサージも効果的です。マッサージには血行促進作用があります。血流が増加することで肌細胞の新陳代謝が活発になり、真皮のこわれた組織の再生が進みます。肌細胞のターンオーバーは28日周期です。1ヶ月ほど根気よくマッサージをつづければ、クレーターのような肌に改善のきざしが現れます。

肌の真皮層にはコラーゲンやエラスチンという成分があります。ニキビ跡がクレーターのようにでこぼこになるのは、毛穴の炎症が真皮にまではいりこみ、これらの成分を破壊してしまったからです。真皮には肌に弾力を与えるコラーゲンなどを合成し新しい表皮を生み出す線維芽細胞というものがあります。この細胞を活性化させることが、新しい肌細胞をどんどん作り出し、ニキビ跡のでこぼこを消すカギです。

マッサージで肌に適度な刺激を与えることで、血行を改善し、線維芽細胞のはたらきが活発にすることができます。リンパの流れを意識しながら、指の腹をつかってゆっくりと行います。強くこするとニキビ跡がjひどくなるので注意しましょう。すべりをよくするためにクリームをたっぷり使います。10分程度でいいので、毎日根気よく続けることが大切です。

基本的なマッサージのやり方は次の通りです。

顔のもっとも大きなリンパ節は耳のうしろともみあげのあたりにあります。リンパ液の流れやすい状態をまず整えましょう。耳のうしろを指でゆっくりともみほぐし、。耳のうしろから首筋、さらにデコルテの鎖骨のあたりまで、そろえた指を当ててゆっくりと撫で下ろします。左右10回程度この動作を行ってください。

次は、アイホールのマッサージです。両手の4本の指をそろえて目頭にあて、眼窩の骨をなぞるように指をうごかします。それぞれの手を左右のこめかみまで移動させ、さらに耳のうしろから鎖骨へと撫で下ろします。この動作もゆっくり10回行います。

頬のマッサージも大切です。両手の4本の指をそろえて鼻の横にあてます。頬骨を下からなぞるように、そろえた指を左右へすべらせます。耳のうしろから鎖骨まで、リンパを流すように指を撫で下ろします。これも10回行いましょう。

最後はあごのマッサージを行います。両手であごの先をはさむようにし、それぞれ左右にすべらせます。あごの骨に沿って、耳のあたりまで両手の指を移動させてください。同じように耳のうしろから鎖骨まで撫で下ろします。このマッサージも10回行います。

かんたんな動作ですが、このマッサージ後には肌がぽかぽかし、顔色が明るくなることがわかります。ニキビ跡改善のためにも、最低1ヶ月はこのマッサージを続けてみましょう。使うクリームは、水分が多く保湿効果の高いものがお勧めです。水分が失われるとニキビができやすくなります。保湿作用のあるマッサージクリームを使えば、これからのニキビ予防にも効果的です。

食事でコラーゲンとエラスチンを増やす!ニキビ跡のクレーターは内側から治る

クレーターを消すためには、食事を通してコラーゲンとエラスチンを増やすことも大切です。ひどいニキビ跡は、肌の真皮がダメージをうけたことによるへこみです。真皮の組織をはからだのなかでいまから作ることもできます。肌機能を回復させて表皮を盛り上げ、もとのようななめらかな肌をめざしましょう。

コラーゲンやエラスチンは食物にも含まれています。ただ問題なのは、口から補給するとそのほとんどは消化されてしまうということです。とくにエラスチンは、ほとんどが胃で分解されて消化吸収されます。だから食品のコラーゲンやエラスチンそのものの含有量にこだわることはあまり意味がありません。むしろ、体内でこうした成分の合成をうながす栄養素を積極的に摂るほうがニキビ跡改善には効率がいいといえます。

一部の緑黄色野菜には、肌のエラスチンを増やすはたらきが期待できます。代表的なものはケール、ほうれん草、ルッコラ、からし菜、水菜、小松菜などです。これらの野菜がニキビ跡改善に有効にはたらくのは、ルテインというカロチノイドを豊富に含んでいるためです。ビタミンCも同時に摂ると、ルテインの作用をより大きくすることもできます。

コラーゲンの合成を促進するには大豆が役にたちます。豆腐、納豆、豆乳のような大豆加工食品でも効果はかわりません。大豆にふくまれるイソフラボンという成分には、女性ホルモンであるエストロゲンににたはたらきがあります。イソフラボンの作用をうけると肌はコラーゲンをより多く作りはじめるため、みずみずしく弾力のある肌の回復が早まります。

亜鉛もまた肌の回復には欠かせない栄養素です。亜鉛が補給さえると、肌細胞の新陳代謝が活発になります。肌の奥にある繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンとエラスチンを同時に増やすには、亜鉛は欠かせない栄養素です。ヨーグルト、チーズ、牡蠣、カニ、タラコといった食材を、毎日の食事のなかで少しずつでも摂るようにしましょう。

肌の細胞はからだのなかから作られます。肌にいい栄養素を食事から摂っていれば、真皮のダメージを少しずつ回復させることも可能です。肌機能に注目した食事を続けていると、肌の新陳代謝はかならず高くなります。コラーゲンとエラスチンを内側から増やして、クレーターのようなニキビ肌を生まれ変わらせましょう。

ニキビ跡のでこぼこはコラーゲンで治す!からだの内と外から栄養補給

ニキビでできてしまった肌のクレーター状のでこぼこは、放置しておくといつまでたっても治りません。こうした肌の傷を修復するにはコラーゲンの補給が効果的です。でこぼこがあまりひどくない場合は、ホームケアでももとのような肌へもどすことができます。ひどいときはクリニックやサロンで専門的なコラーゲン補給処置をしてもらうといいでしょう。

ニキビ跡がクレーターのようにでこぼこになってしまうのは、毛穴におきた炎症が肌の真皮にまでたっしてしまったからです。真皮層には肌にふくらみや弾力をあたえるコラーゲンが存在します。雑菌が皮膚の深いところに入り込むことで、そこにあるコラーゲンが破壊されて失われます。これが肌がへこみ、でこぼこになるメカニズムです。

ニキビ跡のでこぼこを治すには失われたコラーゲンを補給するしかありません。高濃度コラーゲン配合の化粧水や美容液を集中して使うことが、こうした肌の回復には効果的です。1度にたくさん使うのではなく、少量ずつ何度も塗って肌へしっかりと浸透させるようにしましょう。肌には天然のバリア機能があります。1度にたくさん使っても吸収される有効成分にはかぎりがあるからです。

肌への浸透率をあげるにはイオン導入美顔器を使うのも効果的です。美顔器を使うと汚れがとれて毛穴が清潔になるだけでなく、美容液の有効成分の浸透率が大きくあがります。コラーゲンだけでなく、ビタミンCも配合されている化粧品がお勧めです。ビタミンCにはコラーゲン合成を助ける作用があるため、真皮のダメージの回復が早くなります。

これだけでうまくいかなかったときは、サロンやクリニックで集中的にケアをしてもらうしかありません。こうしたところでは、毛穴のへこみにコラーゲンを直接注入したり、レーザーを使ってコラーゲン合成を促したりする専門的なケアをうけることができます。真皮のダメージが大きいと判断されるときは、レチノイン酸を使う施術で肌のへこみにさらに積極的にアプローチすることも可能です。

ニキビ跡がでこぼこになってもあきらめることはありません。コラーゲンを増やすことで、肌をもりあげてへこみをめだたなくすることができます。軽い場合は自宅ケア、それで効果がなくてもサロンやクリニックで専門的なケアを受けることで、クレーター肌の改善はじゅうぶんに可能です。