「顔脱毛」タグアーカイブ

顔脱毛でニキビもクレーターも改善!ムダ毛処理で肌の状態がよくなる理由

ニキビを治すには顔脱毛が効果があります。うぶ毛の周囲には雑菌がたくさんついています。それが繁殖することがニキビの原因のひとつになっているからです。ただニキビのある肌に自分でカミソリをあてたりしてはいけません。ニキビ肌でも施術をしてくれるサロンを探して顔脱毛の施術を受けましょう。

肌の状態を改善させるには顔脱毛 ニキビの関係をよく理解することが大切です。

ニキビとは皮脂の詰まった毛穴にアクネ菌などの雑菌が繁殖し、皮膚が炎症をおこしたものです。うぶ毛の周辺には雑菌がたくさん住み着いています。ムダ毛をきれいに抜いておくほうが、肌の雑菌は少なくなり、ニキビができるリスクを低くすることができます。

ニキビがいったんできてしまうとムダ毛処理はむずかしくなります。カミソリや毛抜きで表皮を傷つけると、炎症が悪化してクレーターになることもめずらしくないからです。放置されたムダ毛のまわりにはさらに雑菌が住み着き、ニキビが広がる原因となります。

この負の連鎖を断ち切るには、ニキビがあってもムダ毛脱毛をすることが必要です。自己処理はまずできないので、ニキビ肌やクレーター肌でも施術をしてくれるサロンを探しましょう。ただニキビ跡の着色のために施術を断るサロンもあります。根気よくカウンセリングを受け、自分の顔でも問題なく脱毛できそうなところを探しましょう。

今のところ、一部のサロンで採用されているハイパースキンという方法ならニキビ肌の方でも受けることができます。肌への刺激が少なく、じくじくしているニキビがあっても跡がクレーターになっていても、これなら脱毛をことがする可能です。

現在多くのサロンがニキビ肌の施術を断るのは、肌に強い刺激を与える光脱毛を採用しているからです。メラニン色素の黒い色に反応する光を照射するため、肌にニキビの着色があるとそこにまで熱が集中してヤケドする危険もあります。ニキビ肌のひとが多くのサロンで施術を断られるのはこうした理由があるためです。

ハイパースキン脱毛で使用で使用される光は毛根には作用しません。肌のなかにある、ムダ毛の休眠中の根にはたらき、その育成を抑えるのがハイパースキン脱毛のメカニズムです。刺激が少ない光を使うので、ひどいニキビがある肌にも安心して照射することができます。

ハイパースキン脱毛の光には、真皮の細胞にはたらきかけてコラーゲン生成を促す作用もあります。この方法で脱毛を続けると、真皮を内側からもりあげることでクレーター肌の改善も可能です。

ニキビ肌のひとほどムダ毛処理は念入りに続けなくてはいけません。カウンセリングを受けて、自分の肌でも施術を受けられるサロンを探しましょう。